利尿剤は何種類があるのですか?|利尿剤について

利尿剤についての基本知識は当サイトで掲載しております。利尿剤の効果、種類を深く了解したい方はぜひご参考になってください。また、ここで人気な利尿剤もご紹介いたしますので、ぜひご覧になってください。

利尿剤は強力な利尿効果があるお薬です。利尿剤の種類は大体五つがあります。

  •  まずはループ利尿薬です。フロセミドに代表されます。腎臓の尿細管に働き、塩分と水分の再吸収を抑え尿量を増やします。強力な利尿作用があります。
  •  二つ目の種類はチアジド系(降圧)利尿剤です。これはサイアザイド系とも言います。 この薬もループ利尿薬と同様尿細管での塩分と水分の再吸収を抑制して尿量を増やしますが、利尿剤としてより降圧剤として使用されることのほうが多いようです。
  •  三つ目の種類は抗アルドステロン性利尿薬です。カリウム保持性利尿薬とも言います。アルドステロンという抗利尿ホルモンを抑制して尿量を増やすのでこう呼ばれています。
  •  または、炭酸脱水酵素阻害薬です。尿細管でのナトリウム排泄を促進させることができます。
  •  最後の種類は浸透圧利尿薬です。この種類はマンニトール、グリセリンなどがあります。

これから、人気利尿剤、ラシックスについてご紹介いたします。5798809a86098568592104

ラシックス錠とは利尿効果が期待できるお薬で、ダイエットやむくみ取りに利用する人が多いお薬です。ラシックスはループ利尿薬に分類されています。このループ利尿薬とは存在する利尿薬の中では強力な部類に入る利尿薬となります。

ラシックスを服用すると腎臓で作られる尿の量が通常より増え、体内にある余分な水分、ナトリウムやカリウムを排泄する事でむくみ取りとしての働きをし、その結果血圧も下げていきます。

ダイエットや飲み過ぎた次の日などのむくみや女性の特有の生理前のむくみにも効果的なむくみ取りと言えます。

ラシックスの主要成分はフロセミドで、利尿があり、さらにむくみとり、高血圧治療までも効果があるということです。

ラシックスの使い方は簡単です。1日1回1錠を服用して下さい。また、1日1回1錠~2錠を2回に分けて服用下さい。

症状が緩和されない場合は、かかりつけの医師にご相談下さい。

ラシックス服用後1時間前後でむくみ取りとしての効果が表れますが、それに伴いトイレへ向かう回数も増えますので、就寝前やお出かけ前などは控える事をオススメします。ラシックスの効果を最大に発揮できるために、説明書が書いている通り副作用してください。

以上は利尿剤の基本情報でした。ぜひご参考になってください。

ラシックスの通販で購入ラシックス

ラシックスは、アベンティスフアーマ社が開発した利尿効果が非常に高いむくみなどを取り除く医薬品です。

¥417

★★★★★12 レビュー
むくみ取り
ヒドロクロロチアジド・ジェネリックの通販で購入ヒドロクロロチアジド・ジェネリック

ヒドロクロロチアジド・ジェネリックは高血圧治療薬ヒドロクロロチアジドの後発薬で、血圧を下げてむくみを取る効果を持ちます。

¥769

★★★★★11 レビュー